二重整形の費用をチェック【施術時間の短さと費用の安さ】

術後の注意点

目元

医師の説明を理解した上で

整形手術で人気の高い二重整形は、切開法より埋没法が支持される傾向にあります。費用の安さに加えて、メスを使わないことでダウンタイムと痛みが少ないのが大きな理由と考えられます。そんな魅力がある埋没法も、まぶたの裏に糸を通すのですから、デリケートな手術という点は切開法と変わりません。費用が安いからといって適当に選ぶと、二重整形を後悔する結果となってしまう可能性があります。安心なのは、アフターフォローに力を入れているクリニックを選ぶことです。カウンセリングで医師が術前術後の説明を丁寧にしてくれ、糸が取れるリスクなどに関しても隠さずに教えてくれるところがいいでしょう。また、術後の検診が無料のクリニックもあります。埋没法はクリニックの手法によっては、ほとんど腫れない場合もありますが、切開法での腫れは避けられません。どちらにしても目元は3日間ほど冷やすことに注意したく、5日間から1週間は入浴はシャワーで我慢すると良いです。目元に血液が集まると腫れやすくなるので、枕を高くするなどの工夫も有効です。どの美容外科でも二重整形はメジャーな施術ですが、特に埋没法の費用はクリニックごとで差が出ています。注意したいのは、糸で留める箇所が増えるほど高くなるという点です。広告で大抵埋没法で表示されている費用は1点留めですから、2点留め希望で来院すると想定外の費用が提示される可能性があります。カウンセリング予約時に2点留めの費用を確認しておいたり、カウンセリング当日に契約しないようにしたりすると安心です。挙筋法と瞼板法の2種類に大別できる埋没法は、それぞれにメリットとデメリットがあり、医師によって考え方が異なります。糸を留める数においても様々な意見があり、利用者にとっては混乱の原因です。留めた糸によって目が傷つくなどのリスクも考え、色々な医師の意見を見聞きして、最終的にどの二重整形術が良いか判断するといいのではないでしょうか。それでも判断が付きかねるようなら、切開法を行うのも一案です。切開法であれば医師によってやり方が違うことはほぼありませんし、効果は永久的に持ちます。

Copyright© 2018 二重整形の費用をチェック【施術時間の短さと費用の安さ】 All Rights Reserved.